市政要求懇談会を開催しました

 議員団は、11月15日の午後7時から、生涯学習センターにて、市政要求懇談会を開催しました。

 宮本繁夫議員が開会のあいさつをし、水谷修議員が「歴史公園」の契約議案などの2018年9月定例会の論戦について報告しました。

9月定例会では、歴史公園PFI契約議案が、多くの市民の声を踏みにじって、自民・公明・うじ未来(旧民進)などの賛成で可決されました。これは、安倍政権の「地方創生」路線=大型事業推進と住民サービス低下を宇治市に取り入れたもの。市は、歴史公園事業で「宇治への愛情が深まる」「定住促進への効果が期待できる」と説明しましたが、まともな論証も予測数字も示せず、目的もはっきりせず、効果もわからない大事業だということが浮き彫りになっています。

こういう事業の契約に、自民党は「自民党は公共事業に積極的。公園整備は推進してきたから」、公明党は「投資の効果が不明確だが、すでに予算が可決されているから」、うじ未来は「民間活力の導入は欠かせない」などと述べて賛成しました。

88億円の大規模事業の一方で「収支不足が85億円」と喧伝しての公共料金一斉値上げ、広範な市民サービス切り捨てがすすめられ、さらに第2弾、第3弾がすすめられようとしています。

市政の動きについて議員団からいっそう発信を強め、市民のみなさんと共同して、悪政をストップし、市民要望の実現にむけて頑張りたい旨の報告がされました。

 その後の懇談では、参加された方から、多くの要望が出されました。

  ひきこもり支援に関わる方から「競争教育の影響で学校にいけなくなる子どもが増えている。不登校がひきこりへとつながり、義務教育以降の年齢の方には行政の支援もない。市で担当の部署もない状況であり、ひきこもりの相談窓口を設置するなど、ひきこもり支援を積極的にしてほしい」

 教育関係者からは「就学援助の入学準備金の入学前支給が小学校でも拡大された。本当にありがたい。教員の長時間労働が問題になっているが、教職員を増やすなどの対応をお願いしたい」

 西小倉地域にお住いの方からは、「学校トイレの改修が西小倉は止まっていたが、共産党議員団が頑張ってくれて教育委員会も『検討する』と回答した。地域でも喜んでいる」「のりあい交通事業の本格運行がはじまったが、これまで9割の市からの補助が本格運行では5割補助になる。住民負担が増え続ける仕組みだ。公共交通はどうあるべきかしっかりと市に検討をしてほしい」などの要望がありました。

 その他に、閉館された宇治公民館の今後の見通しや周辺道路の整備状況、生活保護費の引下げの影響、宇治川改修や宇治伊勢田線の計画状況などの質問や要望が出されました。

 議員団からは、寄せられた要望や意見を、12月定例会での論戦に活かしていくとともに、引き続き、要求実現のために市民のみなさんと共同して頑張る決意を述べました、

11・3憲法集会in京都と憲法ウォーク

 11月3日に恒例となっている憲法集会が、円山野外音楽堂で開かれました。宇治からも、各地域の九条の会、市民団体、個人、議員などたくさんの方々が参加し、全体で2200人と発表されました。

政党では、共産党、社会民主党、自由党、新社会党、緑の党グリーンズの代表が来賓として出席してあいさつしました。立憲民主党と国民民主党の代表は出席はしませんでしたがメッセージを届けていました。

市民連合の広渡清吾さん(東京大学名誉教授)は講演で、「安倍総理大臣は所信表明演説で『国民の皆様とともに』と8回も言いました。国民は『いっしょにしないで』と8回いたのではないでしょうか」「安倍首相はまた『沖縄に寄り添い』といいました。本当は『トランプに寄り添い』、巨大な新基地を建設しようとしている」「天皇の代替わりやオリンピックがあるので、改憲は無理だろうという雰囲気があります。安倍首相は、衆参ともに改憲派議員が三分の二を超えている今を逃すと改憲はできないと考えていますので、なんとしても改憲の発議を行うと固く決意しています。そのためにはダブル選挙などなんでもやるでしょう。楽観はできません」と分析しました。「その上で憲法を守るには、安倍政権をたおすこことが不可欠。安倍政権に反対するすべての市民と市民がつながる、市民と野党がつながる、野党と野党がつながるという3つの共同が必要です。来年の参議院選挙で、野党が過半数を占めるためには、1人区だけではなく、複数区、比例区でも共同が必要です。」と訴え参加者の大きな拍手をうけました。

2017年度決算認定に反対討論

山崎たすく議員は、11月6日の決算特別委員会で、市長が提出していた、平成29年度の「一般会計歳入歳出決算」「国民健康保険事業特別会計決算」「後期高齢者医療事業特別会計決算」に反対の討論を行いました。

反対理由は、①88億円の歴史公園事業に固執して公共料金一斉値上げにつながる事態を招いたこと、②豪雨や台風、地震など多発する災害のなか市民を守る施策が不十分なこと、③子育て施策や教育施策、福祉施策が不十分なことの3点です。

討論の全文は、下線部をクリックしてください。 2017年度決算への反対討論,2018年11月6日

 

太閤堤跡歴史公園事業の契約議案に対する反対討論

9月定例会に、88億円規模の巨大公共事業・太閤堤跡の歴史公園事業の契約議案が提出されました。市民的な関心も高く、関連する請願が4件も提出され、その審議が深夜に及ぶなど激しい議論が交わされました。請願を提出した市民や関係者も深夜まで傍聴しました。

採決にあったって、山崎たすく議員がおこなった反対討論を紹介します。下線部をクリックしてください。

(仮称)太閤堤跡歴史公園契約議案への反対討論(2018年9月定例会)

太閤堤跡の歴史公園議案が可決

10月16日、9月定例会最終日の本会議で、太閤堤跡の歴史公園(「(仮称)お茶と宇治のまち歴史公園」整備運営事業に係わるの契約議案が、共産と宇治維新が反対、自民・うじ未来(国民民主党系)・公明などが賛成して可決されました。

本会議での議決に先立ち、議案を付託されていた建設水道常任委員会では賛成3・反対3の可否同数となり、委員長決済で「可決するべきもの」とされました。その際に、水谷修議員が少数意見の留保を提起し、山崎たすく・片岡栄治の2議員が賛成したため本会議に「少数意見報告書」が報告されました。

少数意見の報告書全文は下線部をクリックしてください。委員会審査報告30-09(少数意見の留保)

宇治公民館建替えての請願 4議員が反対して不採択

10月3日文教福祉常任委員会に付託された「宇治市民会館・公民館の建て替えを求める請願」の審議が行われました。

請願は、酒井幸代さん(槇島町在住)と平田とみさん(天神町在住)から提出されたもの。請願項目は、①宇治市民会館・公民館を建替えること、②(仮称)お茶と宇治のまち歴史公園運営整備事業を見直すことの2点で、この日の委員会では①が審議され、翌4日の建設水道常任委員会で項目②が審議されます。

参考人として陳述した酒井さんは「市民会館・公民館の閉館で、社会教育団体や公民館サークルは活動がお大きく制限されている」「歴史公園に多額の税金をかけるのは納得ができない。観光客ではなく、市民の税金は市民委還元すべき」と話しました。

宮本繁夫委員は、教育委員会は公民館を建替えない理由に、公民館の単独整備には国の補助がつかなくなっていることをあげているが、全国の自治体では様々な国補助制度を活用して公民館を建替えている事例がある。調べて生涯審に示して審議をすべきと追及。伊賀教育部長は、生涯審から依頼があれば提供したい」と答えました。

討論では、松峯茂議員(うじ未来ー国民民主党系)が「財政も厳しくすべての公共施設を残すのは難しい」と反対し、大河直幸委員(共産党)が「市教委が社会教育の発展を展望するなら公民館はなくてはならない施設」と請願に賛成しました。採決にあたっては、共産の2委員が賛成、自民・公明・うじ未来の4委員が反対して不採択となりました。

「太閤堤」意見交換会 活発な質疑と交流

 9月9日(日)午後7時からゆめりあうじ4階会議室において、太閤堤跡「歴史公園整備事業」についての意見交換会を開催しました。台風21号のために日程を変更した9日もまた大雨警報が出る中、会場には30人が参加して熱心な意見交換が行われました。

最初に司会の宮本繁夫議員が、意見交換会開催の経過と趣旨について説明し「みなさんの意見をしっかり聴取したい」とあいさつ。

水谷修議員が事業の概要と問題点を報告。太閤堤跡の歴史公園事業が進むためには、『契約』『施設設置条例』『指定管理者決定』の3議案の議会での可決が必要。一番の問題は、70施設の利用料一斉値上げなど市民の暮しと福祉を切り捨てる一方で88億円を投じるという税金の使い方。税金を投入する公共施設の設計・建設・維持・管理まで一括して民間企業に委ねるPFI方式でやろうとしているが、20年という長期の契約にはだれも責任が持てない。事業者を決定するための審査も不透明。審査講評(会場で写しを配布)をいくら読んでも、なぜNグループに決めたのかよくわからない。審査講評や付属資料では、黒塗りや白紙部分など非公表が目立ち、これで巨額の税金投入事業について審議してくれといっても無理だ。

参加者からは、「この公園を目的に観光客がぞろぞろと来るとは思えないし、定住人口が増えるとも思わない。市の説明でも人数の見込みも答えられないでたらめな事業だ」「終始市民がおきざりになってる」「歴史公園ができなくて困るという市民は一人もいない。なんとかゼロベースにもどせないか」「用地買収は済んでいるようだが、計画を途中でやめた場合に市が負うリスクはあるのか」という意見や質問がでました。

議員団からは、PFI方式の問題点―資料の非公開・受注する大企業の意向に左右される・公共の施設運営と企業利潤の矛盾などについて説明。市は、観光客数が増えるとは言わず「滞在時間が増える」などと言っている。土地は大半は購入済みだが、計画地内に未購入土地もある。これまでに受け取っている国庫補助は土地代。史跡部分は80%補助、交流部分は45%補助だが、最低限の史跡ガイダンス施設をつくれば補助金交付は覆らないなどの説明をしました。

運動の進め方に関しては、市民の反対や疑問の声が広がったことが、2度も議会で否決という事態の背景にある。市民の力は大きい。情報を広く発信する、関係者で話題にする、市会議員に要請する、議会に請願書を提出するなどの方法が提案されたり、検討してみるという声などが交換し合われました。

最後に、議員団から貴重な意見を交換することができた謝意と、それぞれの立場で、また協力し合って、議会の内外で市民の声を反映させるよう頑張っていくことを呼びかけて交換会を終わりました。

88億円歴史公園より市民のくらし優先に

総事業費88億円の太閤堤跡の「歴史公園」事業は、市議会で2度にわたって関係予算案が否決された後、昨年6月に予算を可決。市長は、9月定例会に、契約議案などを提案しようとしています。市議会が可決すれば事業推進、否決すれば中止または大幅修正となります。議員団は、現在までに判明している。「歴史公園」事業の問題点を整理して掲載した「月刊議員団だより8月号」を発刊しました。

主な内容

・税金の使い方 ―― 88億円歴史公園よりも市民の暮しに使うべきです

・PFI事業手法 ―― 設計・建設・運営、入場料まで民間に約20年間まるごとお任せ

・PFIで「安くなる」どころか、事業者いいなり? ―― ミュージアム面積6割に縮小、事業費は膨らむ

・宇治市全体の観光客増にはならず ―― 事業者が入館料値上げできる「利用料金制」へ

源氏物語ミュージアムの半分以下の歴史公園ミュージアム

全文は以下の下線部をクリックしてください。

月刊議員団だより2018年8月号2(太閤堤)

月刊議員団だより2018年8月号1(太閤堤)

猛暑対策の緊急対応を―生活と健康を守る会が申入れ

宇治生活と健康を守る会は、8月16日に市役所を訪れて、「猛暑の中 熱中症など被害を出さないための早急な対策を」という申し入れを行いました。申入れは、「高齢者世帯、母子世帯への訪問活動を行い、市民が災害に合わないよう対策をすること」「クーラーを保持しない生活保護世帯に、一時扶助でクーラーを設置を行うこと」「クーラー使用で電気代が高くなるため、生活保護世帯に夏期扶助の創設を国に求めること」などです。

生活と健康を守る会は、市長に要望書を提出するとともに、市議会を訪れて市議会各会派に協力を求めました。

共同の力で安倍政権打倒を―市内3ケ所で街頭宣伝

 日本共産党は、終戦73年目にあって、あらためて憲法9条を守ろうと訴えました。「改ざん」「ねつ造」「隠ぺい」の安倍首相は、改憲に異常な執念をもっています。共産党は、「安倍改憲を許さない」の一点で市民と野党の共同をすすめ、安倍政権を打倒しましょうと府内各地で宣伝活動を展開しています。

8月3日には、京都府委員会の宣伝カー「倉林明子号」が宇治入り。JR宇治駅前、近鉄大久保駅前、近鉄小倉駅前の3か所で街頭演説を行いました。写真は、近鉄大久保駅前での、前窪義由紀府会議員と水谷修市会議員です。

 

 

1 / 2312345...1020...最後 »