2020年6月定例会について

2020年6月定例会コメント
2020年6月定例会についてのコメントを発行しました。

 6月定例会(6月4日開会、6月26日閉会)では、「新型コロナウイルス」の感染拡大により、市民の暮らしや営業が大変な中で、暮らしと営業を守るために全力をあげました。
コメントでは6月定例会の特徴を
➀5月臨時会、6月定例会での「新型コロナ禍」における支援施策などについて
➁6月定例会での「新型コロナ禍」における教育への対策について
➂「新型コロナ対策」の財源や拡充について
➃議会の権限と市長提出議案についてのあり方について
➄天ケ瀬ダム周辺の周遊観光の可能性調査の報告書の問題点について
➅議員団が提出した意見書について
以上、6項目にわたって掲載しています。

詳細は、添付の資料をご覧ください。

2020年度6月議会 補正予算6号賛成討論(2020年6月26日)

2020年度6月議会 補正予算6号賛成討論(2020年6月26日)

 6月定例会では、新型コロナ対策の予算が3本(補正予算4、5、6号)提案されていました。
 日本共産党宇治市会議員団は、この予算のいずれにも賛成をしました。
 補正予算6号については、新型コロナ対策として、「水道料金の基本使用料の4か月免除」や学校・児童福祉施設などが実施する「新型コロナウイルス感染症対策費」、事業者を幅広く支援する「中小企業等事業継続支援金給付事業費」など、新たな市民、事業者への支援策が示されましたが、医療機関、介護・障がい者施設の経営への財政支援も必要です。
 この観点で、さらなる拡充を行うよう、国への要望と合わせて市の支援もおこなうべきとの意見を付して賛成しました。
 討論の全文は、添付資料でご確認ください。
 
 

新型コロナウイルスの影響から医療機関・福祉施設への支援を求める意見書(2020年6月26日)

 新型コロナウイルスの影響から医療機関・福祉施設への支援を求める意見書(2020年6月26日)

 日本共産党宇治市会議員団は、宇治市議会6月定例会で2本の意見書を提出しました。
 表題の「新型コロナウイルスの影響から医療機関・福祉施設への支援を求める意見書」は、医療機関や介護・保育などの福祉施設、その従事者など関係者が、命と健康を支えるために懸命に努力されています。
 しかし、それらの機関、施設が、新型コロナ禍において、大幅な収入減少による経営難に陥っています。 地域医療、地域福祉を守るために、国に対して支援を行うことを求める意見を、宇治市議会として提出するよう求め、他会派と共同提案しました。
 採決では、全会一致で可決し、国に意見書を提出することが決まりました。
 

持続化給付金などの不透明な委託問題の真相解明を求める意見書(2020年6月26日)

持続化給付金などの不透明な委託問題の真相解明を求める意見書(2020年6月26日)
 
 日本共産党宇治市会議員団は、宇治市議会6月定例会で2本の意見書を提出しました。
 表題の「持続化給付金などの不透明な委託問題の真相解明を求める意見書」は、新型コロナ禍における、政府の事業者支援として行われている「持続化給付金」について、活動実態のないといわれている一般社団法人を通して、事業を再委託が行われ、事業費から多額の金額が中抜きされているなどの問題について、宇治市議会として、国に真相解明を求めるよう、意見することを提案したものです。
 採決では、党議員団と無会派議員が賛成(計9人)しましたが、うじ未来(国民民主系)、自民、公明、維新(計18人)の反対で否決されました。

月間議員団だより2020年6月28日号(新型コロナの新支援策)発行

月間議員団だより2020年6月28日号(新型コロナの新支援策)

 6月28日号の議員団だよりは、新型コロナウイルス感染症による影響が広がるなかで、6月定例会において、宇治市の新しい支援施策の予算が可決されました。
 宇治市会議員団が求めてきた、事業者支援の拡充について、これまでの「事業者おうえん給付金」では、飲食店、小売業、卸売業、認定農業者と京都府の休業要請対象者に限定されていましたが、業種の制限をなくすなど拡充されました。
 実施される施策について、主なものをご紹介していますので、詳細は、添付の議員団だよりをご参照ください。

月間議員団だより2020年6月11日号(6月定例会 )発行

月間議員団だより2020年6月11日号

 6月11日号の議員団だよりは、6月定例会について、一般質問を行う議員と項目と、一般質問と各常任委員会の日程についてお知らせしています。
 詳細は、添付の議員団だよりをご参照ください

議員団だより【全戸版】2020年5月13日号(新型コロナ支援制度)を発行

宇治市会議員団だより【全戸版】2020年5月13日号(新型コロナ支援制度)
 5月13日号の議員団だより(全戸版)は、新型コロナウイルス感染症の支援について、5月1日開催の市議会臨時会で決まった、宇治市独自に飲食店や小売業などを支援する「事業者おうえん給付金」制度などを紹介するとともに、日本共産党宇治市会議員団が、市長、教育長に対して行った、対策拡充を求める3度の申し入れと、実現したことについてなどを掲載しています。
 市民の方へ1人10万円を給付する「特別定額給付金」は、5月27日以降に申請書を世帯主あてに順次郵送し、給付は6月中旬が見込まれています。また、宇治市の特別定額給付金専用コールセンターが5月25日に設置される予定です。
 詳細は、添付の議員団だよりをご参照ください。

「『新型コロナ』支援等のハンドブック(第2版)」5月11日時点を発行

議員団 コロナ関連制度ハンドブック表紙【第2版】20.05.11
議員団 コロナ関連制度ハンドブック 目次【第2版】20.05.11
議員団 コロナ関連制度ハンドブック 本文【第2版】20.05.11
 新型コロナウイルス感染症で多くの市民の皆さんが影響をうけるなか、日本共産党宇治市会議員団では、宇治市の制度や支援策など、市民の皆さんにわかりやすくお知らせしようと、ハンドブックを作成しました。
 4月26日時点の第1版から、「特別低額給付金」、「国民年金の免除」など追加した、5月11日時点の第2版を発行しています。
 ご参考にしていただくとともに、ご質問、お困りごとなども合わせて、皆様の声を議員団へお寄せください。

「『新型コロナ』支援等のハンドブック(第1版)」4月26日時点を発行

議員団 コロナ関連制度ハンドブック 表紙20.04.26
議員団 コロナ関連制度ハンドブック 目次20.04.26
議員団 コロナ関連制度ハンドブック 本文20.04.26
 新型コロナウイルス感染症で多くの市民の皆さんが影響をうけるなか、日本共産党宇治市会議員団では、宇治市の制度や支援策など、市民の皆さんにわかりやすくお知らせしようと、ハンドブックを作成しました。
 ご参考にしていただくとともに、ご質問、お困りごとなども合わせて、皆様の声を議員団へお寄せください。

2020年5月臨時会 新型コロナ対策補正予算 賛成討論

2020年5月臨時会 新型コロナ対策補正予算 賛成討論 

 宇治市議会5月臨時会(5月1日)では、新型コロナウイルス感染症が拡大するもとで、
市の対応策に関しての補正予算(第2号)のほか、3つの議案が審議され、全会一致で可決しました。
 補正予算案について、日本共産党宇治市会議員団は、大河、坂本、宮本の3議員が質疑を行いました。
また、会派を代表して、山崎匡が補正予算案に対する「賛成討論」を行いました。
 
 討論では、市の対策を評価するとともに、市民の命、暮らし、営業を守り抜くために、国の「新型コロナ感染症対応地方創生臨時交付金」の抜本的な増額など、国民が望む財政支援を行うよう国に対して強く求めるべきだと指摘しました。
 また、さらなる市施策の充実のために、4月27日に市長、教育長に行った申し入れ(第3次)の5つの項目をもとに提案を行いました。

 討論の詳細は添付の資料をご参照ください。
 また、市の補正予算の概要も添付しておりますのでご参照ください。
2020年5月臨時会 補正予算の概要

1 / 712345...最後 »