党議員の3月議会での一般質問予定

 党議員の3月議会での一般質問予定

【2月26日(木)】 代表質問

坂本優子 議員 (一括方式) 2番目

(1)市長の政治姿勢について

 ①安倍政権の憲法「改正」の動きについて

 ②沖縄の新基地建設問題について

 ③高浜原発の再稼働の動きについて

(2)暮らしの問題について

 ①地域経済の振興について

 ②高い国民健康保険料の引き下げについて

 ③高齢者福祉について

 ア.介護報酬の削減について/イ.要支援の「地域支援事業」への移行について/ウ.介護保険料の引き下げについて/エ.地域包括支援センターの増設・職員増につ   いて/オ.老人医療費助成制度を継続することについて

(3)教育・子育てについて

 ①教育予算を拡充することについて

 ア.学校施設改善について/イ.学校図書館司書の増員について

 ②子どもの医療費を通院も中学校卒業まで無料にすることについて

 ③保育所待機児童の解消について

 ④子どもの貧困対策について

(4)市民の願いにこたえるまちづくりについて

 ①市民の移動手段を確保する公共交通政策について

 ②太閤堤跡歴史公園整備事業について

 ③景観を守ることについて

(5)防災について

 ①天ケ瀬ダムの安全性について

 ②宇治川堤防の強化について

 ③山の整備について

 

【3月2日(月)】 個人質問

水谷修 議員 (一問一答方式) 2番目

(1)太閤堤跡地歴史公園について

 ①宇治川太閤堤跡歴史公園について

 ②PFIについて

  ア.自治体、国の後年度負担・後年度影響について/イ.歴史公園PFI事業の施設規模・財政規模と後年度の影響について

 ③交流ゾーンの事業内容について

 ④観光事業としての効果について

 ア.観光振興計画・宇治市観光の課題について/イ.歴史公園による観光入込客増加見込、既存施設へのマイナス効果について

 ⑤社会教育事業としての効果について

 ⑥コミュニティー施設としての効果について

  ア.会議室・実習室を初めとする施設の規模について/イ.集会所再生プランによる新設施設の方針について/ウ.集会所老朽化・耐震化事業について

 ⑦宇治市の優先すべき事業の選択について

 

 【3月3日(火)】 個人質問

木沢浩子 議員 1番目

(1)中学校給食について

 ①昼食のありかたについて

 ②中学校給食実施について

 

渡辺俊三 議員 3番目

(1)市の公共交通政策について

 ①公共交通空白地対策について

 ②高齢者・障害者の交通手段の確保について

(2)木造住宅耐震化促進について

 ①木造住宅耐震化の進捗状況と今後の計画

 ②木造住宅耐震化促進の新たな支援策について

(3)住宅改修助成制度について

 ①住宅改修助成制度による地域経済活性化の効果について

 

宮本繁夫 議員 6番目

(1)バリアフリー化について

 ①近鉄小倉駅地下通路のバリアフリーァ化について

(2)官製ワーキングプアについて

 ①宇治市における雇用とその影響について

市議団だより2月22日号発行―子ども医療費拡充、学校にエアコン設置

議員団だより2月22日号で、子ども医療費助成が中学校卒業までに拡充、すべての小中学校にエアコン設置、耐震改修が終了したことなどをお知らせしています。

全文は下線部をクリックしてください。

市議団だより2015年2月22日号

被災者支援・災害に強いうじへ―議員団だより2月13日号発行

2012年尾豪雨災害では死者名、全半壊200戸、床上浸水779戸に及び、2013年の台風では宇治川が決壊の危機に直面し6万2000人に避難指示をだす事態になりました。党市議団は、災害のないまちづくり、被災者支援に全力をあげてきました。(全文は下線部をクリックしてください)

市議団だより(2015年2月13日号)

市議団だより2月8日号「金ヶ崎市議の政務活動費調査」発行

 「市議団だより」2月8日号は、金ヶ崎秀明市議の大量コピー用紙購入問題を掲載しています。金ヶ崎議員が、政務活動費で21万枚のコピー用紙を購入し、事務費として計上していた問題。議運委で、共産党委員が「政務活動費の範囲を逸脱しているのではないか」と指摘、委員会は議長に聞き取りをして整理することを求めました。しかし、金ヶ崎議員の説明は「訂正」が繰り返されるなどしたため、議運委で疑問の声が多くだされ、地方自治法100条に基づく調査をすることとし、証人喚問が実施されました。

全文は下線部をクリックしてください。

市議団だより2015年2月8日号

1 / 11