月刊議員団だより 2019年10月20日号発行

月刊議員団だより19年10月20日号1面(公民館) 
月刊議員団だより19年10月20日号2面(ふれあいセンター)

 2019年10月20日号を発行しました。
 1面では、市教育委員会が市公民館5館(中央、宇治、小倉、広野、木幡)を廃止し、有料の貸館にする方針を示し、現在パブリックコメント(10月8日~11月6日)を実施している問題を取り上げています。
 公民館の本来の役割は、市民の学校であり民主主義を体現するために市民が学ぶ場です。市民にとってなくてはならない施設であり、単に生涯学習を推進する貸館ではありません。
 
 2面は、市のふれあいセンター3館(伊勢田、平盛、菟道)を廃止する提案について、議会で議決を行い、共産党議員団は反対しましたが、うじ未来・自民・公明などの賛成で廃止が可決されたことについて取り上げています。

 ご覧いただき、ぜひご意見をお寄せください。

9月定例会コメント

2019年9月定例会について(19.10.17)宇治市議会9月定例会(9月17日開会 10月10日閉会)についてのコメントを発行しています。

9月定例会では、宇治市の建築業者の官製談合事件の未回収債権について、党議員の追及で市長は公式の場で市民の皆さんに謝罪をし、債権回収に取り組みをすすめると答弁しました。
そのほか、ふれあいセンター廃止、公民館廃止、中学校給食や水道料金の値上げ問題などについて論戦を行いました。問題点など8項目を掲載しています。

月刊議員団だより 9月号を発行

月刊議員団だより 2019.9月号」を発行しました。
月刊団だより19.9月号 

2019年9月定例会(9月17日開会)が始まりました。
1面では、市長が提案した、市ふれあいセンター3館(伊勢田、平盛、菟道)を廃止する条例改正案や
京都府が進めようとしている水道事業の広域化、府営水道の料金値上げなど、水道問題について。
2面では、議員団の一般質問の日程、項目を掲載しています。

議会質問の傍聴、インターネット中継などご覧いただき、ぜひご意見をお寄せください。

議員団だより2019年8月号を発行

宇治市団だより2019年8月号
定例会ごとにお届けしている「議員団だより(全戸版)8月号」を発行しました。

2019年6月定例会(6月7日開会、7月3日閉会)は、市会選挙後の5月開催の臨時会で、
各議員の役職や所属委員会が決まってから最初の定例会でした。
党議員団は、ごみ袋有料化、市集会所・ふれあいセンター廃止に反対し、中学校給食の早期実施、
太閤堤跡の歴史公園事業の見直し、交通弱者対策など、公約と市民要求実現に全力をあげました。

議会での論戦や、市政の課題について記事をまとめていますのでご覧ください。
また、市議会ホームページでは、会議録を検索や議会資料も掲載されています。

6月定例会コメント

2019年6月定例会について(19.7.10)

宇治市議会6月定例会(6月7日開会 7月3日閉会)についてのコメントを発行しています。

議会の論戦、問題点など7項目を掲載しています。

議員団だより 2019.6.16

月刊議員団だより2019年6月16日号一般質問

月刊議員団だより2019年6月16日号(裏面)

宇治市会議員団だより 2019年6月16日号を発行しました。

宇治市議会6月定例会での、党議員団の各議員の質問項目、

市が提案している宇治市観光センター内にある市営茶室使用料の値上げについての記事を掲載しています。

議員団だより2019.5.26

議員団だより(19.5.26)

宇治市会議員団だより 2019年5月26日号を発行しました。

4月の統一地方選挙で、7人すべてが当選し引き続き議会第一党となりました。

5月議会臨時会では、渡辺俊三議員が副議長に就任したのをはじめ、各議員の所属委員会や議会での役職が決まりました。

行政のチェックを行い、市民の声を届け、実現を目指し、引き続き全力で頑張ります。

議員団だより4月号を発刊しました

定例会ごとにお届けしている「議員団だより(全戸版)4月号」を発刊しました。

3月定例会は、2019年度の予算案を審議するため市政全般にわたっての議論が行われました。

宇治市は、財政難だからとして、多くの公共料金を引き上げ、公共サービスを有料化、公共施設の廃止・閉館・統合・民間移管を進めようとしています。一方では、88億円・太閤堤跡歴史公園は詳しい内容も明らかにしないまますすめられています。

党議員団は、「ゴミ袋の有料化をしないで下さい」という市民請願の紹介議員になるその採択を目指しましたが、うじ未来(国民民主系)の議員は「市長がまだ決めていない段階で、反対というのはどうなのか」といってこの請願に反対しました。請願は、市長が有料化を決めようとしているから提出されたもので、決まってからでは手遅れになります。自民・公明も「有料化しないで」という請願に反対したため、不採択となりました。

広範な分野で市民負担を増やし、市民サービスを削る2019年度予算案に対し、共産党議員団は反対しましたが、自民・公明・うじ未来(国民民主系)・宇治維新・無会派議員が賛成しました。

議員団だよりの全文は下線部をクリックしてください。  議員団だより(全戸版)4月号

議員団だより2月号を発刊

議員団だより2月号は、12月定例会での審議の内容や党議員団の提案についてお伝えしています。「88億円歴史公園より、暮し・子育て・防災」を掲げて、「ごみ袋有料化ストップ」、「市立集会所2割廃止は中止を」、「宇治公民館は建て替えを」、「議員団アンケートの結果」、「大規模な太陽子発電設備の規制を」などの記事を掲載しています。

記事の全文は下線部をクリックしてください。  議員団だより2019年2月号

「2019年度宇治市の予算について」を発表

2月20日に開会された3月定例会に、宇治市の2019年度予算案が提案されました。党議員団は、この予算案に対するコメント「2019年度宇治市予算案等について」を発表しました。

財政難を理由にして、家庭用ごみ袋の有料化や古紙回収報奨金の廃止、市集会所の20%削減などをめざす市長は、一方で88億円の太閤堤跡歴史公園の整備を強行しています。党議員団は税金の使い方を変えて、暮らし優先の市政への転換を呼びかけています。

コメント全文は、下線部をクリックしてください。 宇治市2019年度予算等について

1 / 812345...最後 »