月刊議員団だより12月号を発刊しました

12月定例会における党議員の一般質問予定などを掲載した「月刊議員団だより」12月号を発刊しました。

月刊議員団だより2017年12月号

議員団だより(全戸版)12月臨時号を発刊しました

市長が市議会12月定例会に大久保幼稚園の 廃園を提案しました。議員団だより12月臨時号は、幼稚園問題の特集号です。

保護者や大久保地域をはじめ市民のなかに「大久保幼稚園を廃園にしないで」という声が急速に広がっています。議員団だよりでは、市長提案の内容、市立幼稚園の問題点、関係者の声、共産党の提案などを掲載しています。

全文は、下線部をクリックしてください。  議員団だより(全戸版)2017年12月臨時号

12月定例会での党議員の一般質問予定

12月定例会での党議員の一般質問の予定は次のとおりです。

12月11日(月)】

大河 直幸 議員 (一問一答方式) 1番目

1.中学校給食について

①検討の状況について

②今後の検討のありかたについて

③中学校給食の実施について

2.買い物弱者について

①市の現状と対策について

②西大久保地域について

3.伊勢田駅周辺地域のバリアフリーについて

 

渡辺 俊三 議員 (一問一答方式) 3番目

1.集合住宅への水道水直結水について

①水道ビジョンでの計画

②宇治市の直結給水実施の現状

③5階建てや7階建てのの集合住宅からの要望

2.急傾斜地・河川・家屋の防災対策について

①急傾斜地の防災対策の現状

②市管理河川の防災対策工事の進捗状況

③家屋の耐震改修の進捗状況

 

【12月12日(火)】

山崎 たすく 議員 (一問一答) 5番目

1.学校図書館について

①「ことばの力」研究事業について

②学校図書館の充実について

③市長マニュフェスト

2.六地蔵周辺のまちづくりについて

①JR六地蔵駅と駐輪場について

②駅前広場、道路整備について

③イトーヨーカドーの跡地について

 

【12月13日(水)】

水谷 修 議員 (一問一答)1番目

1.三つのゼロ??

①待機児増 / ②児童虐待増 / ③子育ての不安

2.三つの日本一?

①健康長寿不安 / ②介護不安 / ③共生不安

3.三つのバージョンアップ

①沈滞経済 / ②花火大会 / ③自治

4.安倍政権の施策への対応

①地方創生 / ②自治体財政(財政計画)

【12月14日(木)】

坂本 優子 議員 (一問一答)1番目

1.太閤堤歴史公園事業の要求水準について

①大型観光バスの駐車場について

②ミュージアムショップについて

③浸水被害対策について

2.今後の公立幼稚園のあり方について

①公立幼稚園の役割について

②なぜ、「神明」「木幡」で預かり保育、「東宇治」で3年保育の施行決めたのか

③就学雨の特別支援教育について

3.京都アイスアリーナの整備について

①事業計画の概要について

宮本 繁夫 議員 (一問一答)4番目

1.市長の政治姿勢について

①9条反対、憲法を守る姿勢について

2.介護保険について

①第7期介護保険事業計画について

②真に「認知症にやさしまち・うじ」について

3.子どもの貧困対策について

①子どもの貧困対策について

②入学準備金の入学前の支給について

4.国民健康保険について

①国民健康保険料の引き下げについて

5.今後の公民館について

①宇治公民館の今後について

6.「訴え」について

①近鉄大久保駅前自動車駐車場のゲートバーの破損にかかる損害補償について

月刊議員団だより11月号を発刊しました 

教育委員会が大久保幼稚園の廃園方針を決めたことについての記事を掲載しています。党議員団は、統合・廃園ではなく、保護者など関係者の望む「3歳児から入園できる3年保育」「保育時間を延長する預かり保育」こそ実現すべきだと提案しています。

月刊議員団だより2017年11月号

議員団だより(全戸版)11月号を発刊しました

9月定例会での議会論戦の様子を伝える「宇治市会議員団だより(全戸版)2017年11月号」を発刊しました。

保険料を高く設定しすぎて8億円もの黒字を出しながら保険料をひきさげない宇治市に対して議員団が提案した引き下げ条例、3年保育や預かり保育など必要な改善をしないままに大久保幼稚園を廃園にしようとする問題、過労死ラインを超える超過勤務となっている教員の勤務実態、民間委託で委託費が高騰し続けている学校給食調理など、9月議会で議員団が提案したことや追求したこと、それに対する当局の答弁や他会派の態度などを掲載しています。全文は下線部をクリックしてください。

議員団だより(全戸版)2017年11月号

12月9日に、映画「種まく人々」の上映会

世界でも例を見ない大弾圧法である治安維持法のもとでのたたかいと弾圧・抵抗を描いた迫真のドキュメンタリー映画が完成。映画は、侵略戦争に反対したり、主権在民を主張することが命がけになる治安維持法下の暗黒社会でたたかい、今日の日本国憲法の礎を築いた治安維持法犠牲者とその志を引き継いだ人々の記録です。宇治市でも上映会が開かれます。

と き :12月9日(土)午後1時30分

ところ :宇治市生涯学習センター 第1ホール

おはなし:原田 完 治安維持法犠牲者国家賠償要求同盟京都府本部副会長

*参加無料

主 催 :治安維持犠牲害者国家賠償要求同盟宇治洛南支部

共 催 :種まく人々上映実行委員会

いま、いのちを・暮らし・憲法をいかす京都 11・14府民大集会

「つくろう、府民とともに歩む知事、共同の力で私たちが府政を変える」を掲げて、「いのちを・暮らし・憲法をいかす京都11・14府民大集会」が開催されます。11月14日(火)18時から、会場は左京区岡崎の みやこめっせ です。

2018年の京都府知事選挙がまぢかに迫ってきました。集会には、新潟から「これが市民と野党の共闘のパワーだ」とのレポート、京都からは「2018年春憲法いかす府政を」の報告、各界・市民から「府民の切実な願いにホンキの知事を」の声が披露される予定です。

主催:いま、いのちを・暮らし・憲法をいかす京都11・14府民大集会実行委員会

   〒604-0993 京都市中京区寺町夷川上る ヒトミビル4階 TEL・FAX:075(253)6601

 

大久保幼稚園を廃園にしないで

10月2日の教育委員会会議で、2019年度末で大久保幼稚園の廃止方針が決定されました。市議会の12月定例会に、大久保幼稚園の廃止を含む幼稚園条例の改正案を提出する、廃止の理由は入園者数が少なかったことなどを挙げています。

私立幼稚園などでは3年保育が普通になり、多くの園で預かり保育も実施されていますが、宇治市立幼稚園では実施されていません。そうした影響で入園希望者が少なくなったのではないかと指摘されているのに、今回の決定で、大久保幼稚園の廃止同時に東宇治幼稚園で3年保育を試行として実施するとしています。

宇治市立幼稚園PTA連合会は、園児数減少は3年保育と預かり保育がないことが原因だとして、毎年その実施を求めてきました。すべての公立幼稚園を3年保育にし、今まで培われてきた素晴らしい幼児教育をこれからもますます発展させ、宇治市で子育てしてよかったと思える市政運営を求めています。

保護者や関係者は、大久保幼稚園を守る会を結成し、「大久保保育園を廃園にしないでください」という署名運動に取り組んでいます。請願内容は、

・ 宇治市の公立幼稚園(大久保・神明・木幡・東宇治)を園児減少を理由に統合・再編しないでください。

・ 宇治市の公立幼稚園(大久保・神明・木幡・東宇治)で3年保育・預かり保育を実施してください。

・ 認定こども園化ではなく、幼稚園として存続してください。

の3項目です。

11月7日には、7町内会750世帯からなる大久保区も、市長と教育長に対し「大久保幼稚園の廃止に反対し、存続を要求する」申込書を提出しました。

11・19戦争法廃止・安倍政権NO 宇治・城陽・久御山総行動

「11・19戦争法廃止・安倍政権NO 宇治・城陽・久御山総行動」が、近鉄大久保駅前で行われます。

9月に海上自衛隊の補給艦が、アメリカ軍のイージス艦に補給をしていたことが発覚。国会にも報告せずに毎月行っていたなど、国民の知らないところで「戦争法」の実態化が進められていることが判明しました。安倍首相は、改憲への動きを急いでいます。市民の平和を求める意思、戦争法廃止、立憲主義回復、九条改憲ストップへの思いを、力をあわせて見えるかたちにしましょう。市民団体が共同で「総行動」をおこないます。実施の概要は次のとおりです。

「11・19戦争法廃止・安倍政権NO 宇治・城陽・久御山総行動」

・日時:11月19日(日)13時から (小雨決行)

・場所:近鉄大久保駅前(駅東側)

・集会:13時~13時45分

・デモ:13時45分~ 近鉄大久保駅前~自衛隊正門前~旧イオン大久保店前

・よびかけ団体

宇治・久御山戦争をさせない1000人委員会/宇治城陽久御山地区労働組合協議会/戦争法廃止!久御山/戦争法廃止城陽連絡会/城陽市民主団体連絡協議会/九条守る宇治連絡会/洛南労働組合連絡会

「9月定例会について」を発表

宇治市議会9月定例会についてのコメントを発表しました。

2017年9月定例会について

1 / 1212345...10...最後 »