議員団だより(全戸版)2018年2月号を発刊

定例会ごとに発刊している「議員団だより(全戸版)2018年2月号」を発刊しました。

1面では、「宇治公民館閉館」と「大久保幼稚園廃園」について掲載。2面では、「宇治市の「財政難」はほんとう?」などの記事を掲載しています。

「議員団だより」全文は下線部をクリックしてご覧ください。「議員団だより(全戸版)2018年2月号」

「2017年12月議会について」を発表

「2017年12月議会について」を発表しました。

12月定例会では、市長と民進・自民・公明が、「財政が厳しい」「もっと”行革”推進を」と大合唱するなかで、市民の声も聞かず「大久保幼稚園廃園」「宇治公民館閉館」など公共サービス切り捨てが進められつつあります。党議員団は、「財政不足」を口実にした市民犠牲のサービス切り捨てに反対し、「太閤堤」計画の縮小、市民請願など市民の長い実現をめざして、提案と論戦を行いました。

全文は下線部をクリックしてください。「2017年12月議会について」

月刊議員団だより1月号を発刊しました

月刊議員団だより1月号を発刊しました。

月刊議員団だより2018年1月

月刊議員団だより12月号を発刊 宇治公民館閉館・大久保幼稚園廃園

月刊議員団だより12月号を発刊しました。教育委員会は、大久保幼稚園廃案の条例案を提案、宇治公民館・市民会館の閉館を報告しました。廃園、閉館の理由はいずれも筋の通らないもので、背景には経費節減の意図があるものとみられます。

全文は、下線部をクリックしてください。

月刊議員団だより(2017年12月26日)大久保幼稚園

月刊議員団だより(2017年12月26日)宇治公民館

 

月刊議員団だより12月号を発刊しました

12月定例会における党議員の一般質問予定などを掲載した「月刊議員団だより」12月号を発刊しました。

月刊議員団だより2017年12月号

議員団だより(全戸版)12月臨時号を発刊しました

市長が市議会12月定例会に大久保幼稚園の 廃園を提案しました。議員団だより12月臨時号は、幼稚園問題の特集号です。

保護者や大久保地域をはじめ市民のなかに「大久保幼稚園を廃園にしないで」という声が急速に広がっています。議員団だよりでは、市長提案の内容、市立幼稚園の問題点、関係者の声、共産党の提案などを掲載しています。

全文は、下線部をクリックしてください。  議員団だより(全戸版)2017年12月臨時号

12月定例会での党議員の一般質問予定

12月定例会での党議員の一般質問の予定は次のとおりです。

12月11日(月)】

大河 直幸 議員 (一問一答方式) 1番目

1.中学校給食について

①検討の状況について

②今後の検討のありかたについて

③中学校給食の実施について

2.買い物弱者について

①市の現状と対策について

②西大久保地域について

3.伊勢田駅周辺地域のバリアフリーについて

 

渡辺 俊三 議員 (一問一答方式) 3番目

1.集合住宅への水道水直結水について

①水道ビジョンでの計画

②宇治市の直結給水実施の現状

③5階建てや7階建てのの集合住宅からの要望

2.急傾斜地・河川・家屋の防災対策について

①急傾斜地の防災対策の現状

②市管理河川の防災対策工事の進捗状況

③家屋の耐震改修の進捗状況

 

【12月12日(火)】

山崎 たすく 議員 (一問一答) 5番目

1.学校図書館について

①「ことばの力」研究事業について

②学校図書館の充実について

③市長マニュフェスト

2.六地蔵周辺のまちづくりについて

①JR六地蔵駅と駐輪場について

②駅前広場、道路整備について

③イトーヨーカドーの跡地について

 

【12月13日(水)】

水谷 修 議員 (一問一答)1番目

1.三つのゼロ??

①待機児増 / ②児童虐待増 / ③子育ての不安

2.三つの日本一?

①健康長寿不安 / ②介護不安 / ③共生不安

3.三つのバージョンアップ

①沈滞経済 / ②花火大会 / ③自治

4.安倍政権の施策への対応

①地方創生 / ②自治体財政(財政計画)

【12月14日(木)】

坂本 優子 議員 (一問一答)1番目

1.太閤堤歴史公園事業の要求水準について

①大型観光バスの駐車場について

②ミュージアムショップについて

③浸水被害対策について

2.今後の公立幼稚園のあり方について

①公立幼稚園の役割について

②なぜ、「神明」「木幡」で預かり保育、「東宇治」で3年保育の施行決めたのか

③就学雨の特別支援教育について

3.京都アイスアリーナの整備について

①事業計画の概要について

宮本 繁夫 議員 (一問一答)4番目

1.市長の政治姿勢について

①9条反対、憲法を守る姿勢について

2.介護保険について

①第7期介護保険事業計画について

②真に「認知症にやさしまち・うじ」について

3.子どもの貧困対策について

①子どもの貧困対策について

②入学準備金の入学前の支給について

4.国民健康保険について

①国民健康保険料の引き下げについて

5.今後の公民館について

①宇治公民館の今後について

6.「訴え」について

①近鉄大久保駅前自動車駐車場のゲートバーの破損にかかる損害補償について

月刊議員団だより11月号を発刊しました 

教育委員会が大久保幼稚園の廃園方針を決めたことについての記事を掲載しています。党議員団は、統合・廃園ではなく、保護者など関係者の望む「3歳児から入園できる3年保育」「保育時間を延長する預かり保育」こそ実現すべきだと提案しています。

月刊議員団だより2017年11月号

議員団だより(全戸版)11月号を発刊しました

9月定例会での議会論戦の様子を伝える「宇治市会議員団だより(全戸版)2017年11月号」を発刊しました。

保険料を高く設定しすぎて8億円もの黒字を出しながら保険料をひきさげない宇治市に対して議員団が提案した引き下げ条例、3年保育や預かり保育など必要な改善をしないままに大久保幼稚園を廃園にしようとする問題、過労死ラインを超える超過勤務となっている教員の勤務実態、民間委託で委託費が高騰し続けている学校給食調理など、9月議会で議員団が提案したことや追求したこと、それに対する当局の答弁や他会派の態度などを掲載しています。全文は下線部をクリックしてください。

議員団だより(全戸版)2017年11月号

12月9日に、映画「種まく人々」の上映会

世界でも例を見ない大弾圧法である治安維持法のもとでのたたかいと弾圧・抵抗を描いた迫真のドキュメンタリー映画が完成。映画は、侵略戦争に反対したり、主権在民を主張することが命がけになる治安維持法下の暗黒社会でたたかい、今日の日本国憲法の礎を築いた治安維持法犠牲者とその志を引き継いだ人々の記録です。宇治市でも上映会が開かれます。

と き :12月9日(土)午後1時30分

ところ :宇治市生涯学習センター 第1ホール

おはなし:原田 完 治安維持法犠牲者国家賠償要求同盟京都府本部副会長

*参加無料

主 催 :治安維持犠牲害者国家賠償要求同盟宇治洛南支部

共 催 :種まく人々上映実行委員会

1 / 1312345...10...最後 »