小池晃参議院議員を迎ええて宇治で演説会

月刊「議員団だより」4月号を発刊

宇治公民館・市民会館が2018年3月末日で閉館されました。議員団の質疑によって、市が示した閉館理由が破たんしていることが明らかになりました。また、市がJRから借りていた土地の約3分の2はJR所有ではなく、借りてもいない土地の借地料を53年間にもわたりJRに支払っていた過払いが、議員団の追及で明らかになりました。

月刊議員団だより2018年4月号(公民館過払い金の問題)

議員団だより3月号 空前の値上げラッシュとサービス切り捨ての全貌

宇治伊市の宇治市予算案は、公共料金値上げと事業廃止など市民負担増とサービス切り捨てが空前の規模で提案ざれています。宇治市は、財政難、4年間で850区円の資金不足などを理由に挙げていますが、宇治市の財政力指数は京都府で第3位、財務省の財政健全化指標でもトップクラスなど、財政状況は比較的高く安定しています。一方で太閤堤跡事業に88億円も投入するなど、税金の使い道が間違っています。

議員団だより3月号は、この値上げラッシュ、切り捨てラッシュの全貌を記載しています。下線部をクリックしてご覧ください。

月刊議員団だより2018年3月号

3月定例会での党議員の代表質問・一般質問の予定

3月定例会での、党議員の代表質問・一般質問の予定は以下の通りです。

【2月26日(月)】代表質問

水谷 修 議員 (一問一答方式) 2番目

1.財政、公共サービス・料金・施設について

①宇治市の財政、地方財政制度、地方創生路線

②財政健全化プラン

③事務事業の廃止・縮小

④公共料金、施設使用料引上げ

⑤太閤堤跡の歴史公園

⑥市立幼稚園、宇治公民館をはじめ公共施設

2.活き活きした宇治の復活について

①若い世代流出とめて活き活きしたまち

②生活関連公共事業、賃金1000円以上

③歩いて暮せるまちなか賑わいづくり

④民泊規制、良質な観光振興に資する宿泊施設、花火大会

⑤公共施設・学校施設の改善、耐震化

⑥都市農業・茶業振興、中山間地域、産廃

⑦踏切閉鎖問題の解決

⑧介護の負担軽減、充実

3.9条改憲への市長の意思表示について

①憲法9条に自衛隊の項を加えることへの市長の賛否

 

【2月28日(水)】一般質問

山崎 恭一 議員 (一問一答方式) 2番目

1.子どもの貧困と子育て支援について

①子どもの貧困についての現状把握について

②部課を越えた子どもの貧困救済について

③子育て支援の充実について

④待機児童解消の取組について

2.安全なまちづくりについて

①市道大瀬戸熊小路線の安全対策について

②木幡池の安全対策について

大河 直幸 議員 (一問一答方式) 5番目

1.育成学級について

①定員と待機児童について

②施設と集団規模について

③保護者要望について

2.アスベスト対策について

①アスベストを使用している建物の解体について

3.大型商業施設の跡地について

 

【3月2日(金)】一般質問

坂本 優子 議員 (一問一答方式) 3番目

1.宇治公民館・市民会館の「閉館」について

①「閉館」中止を求める市民の声について

②「閉館」理由について

③建替えて存続することについて

2.高齢者福祉について

①介護保険料の負担軽減について

②施設入所の経済的支援について

③地域包括支援事業の拡充について

④敬老会、在宅高齢者介護者激励金、あん摩・マッサージ・指圧・針・灸施術費助成の廃止をやめることについて

山崎 たすく 議員 (一問一答方式) 4番目

1.中学校給食について

①中学校給食の調査について

②中学校給食基本構想について

2.まちづくりについて

①まちづくり・景観条例について

ア.住民生活を支えることについて

イ.住民の声を生かすしくみについて

②木幡須留の土地について

宮本 繁夫 議員 (一問一答方式) 5番目

1.法律や条例に基づく行政運営のあり方について

①市長権限の委任のあり方について

②市民への説明責任について

2.財政見通しと市民負担について

①使用料・手数料の値上げ、補助金の廃止について

②税金の使い道について

3.近鉄小倉駅周辺整備について

①検討委員会について

②近鉄小倉駅の「利便性向上等」への取り組み状況について

 

 

 

 

議員団だより(全戸版)2018年2月号を発刊

定例会ごとに発刊している「議員団だより(全戸版)2018年2月号」を発刊しました。

1面では、「宇治公民館閉館」と「大久保幼稚園廃園」について掲載。2面では、「宇治市の「財政難」はほんとう?」などの記事を掲載しています。

「議員団だより」全文は下線部をクリックしてご覧ください。「議員団だより(全戸版)2018年2月号」

「2017年12月議会について」を発表

「2017年12月議会について」を発表しました。

12月定例会では、市長と民進・自民・公明が、「財政が厳しい」「もっと”行革”推進を」と大合唱するなかで、市民の声も聞かず「大久保幼稚園廃園」「宇治公民館閉館」など公共サービス切り捨てが進められつつあります。党議員団は、「財政不足」を口実にした市民犠牲のサービス切り捨てに反対し、「太閤堤」計画の縮小、市民請願など市民の長い実現をめざして、提案と論戦を行いました。

全文は下線部をクリックしてください。「2017年12月議会について」

月刊議員団だより1月号を発刊しました

月刊議員団だより1月号を発刊しました。

月刊議員団だより2018年1月

月刊議員団だより12月号を発刊 宇治公民館閉館・大久保幼稚園廃園

月刊議員団だより12月号を発刊しました。教育委員会は、大久保幼稚園廃案の条例案を提案、宇治公民館・市民会館の閉館を報告しました。廃園、閉館の理由はいずれも筋の通らないもので、背景には経費節減の意図があるものとみられます。

全文は、下線部をクリックしてください。

月刊議員団だより(2017年12月26日)大久保幼稚園

月刊議員団だより(2017年12月26日)宇治公民館

 

月刊議員団だより12月号を発刊しました

12月定例会における党議員の一般質問予定などを掲載した「月刊議員団だより」12月号を発刊しました。

月刊議員団だより2017年12月号

議員団だより(全戸版)12月臨時号を発刊しました

市長が市議会12月定例会に大久保幼稚園の 廃園を提案しました。議員団だより12月臨時号は、幼稚園問題の特集号です。

保護者や大久保地域をはじめ市民のなかに「大久保幼稚園を廃園にしないで」という声が急速に広がっています。議員団だよりでは、市長提案の内容、市立幼稚園の問題点、関係者の声、共産党の提案などを掲載しています。

全文は、下線部をクリックしてください。  議員団だより(全戸版)2017年12月臨時号

1 / 1312345...10...最後 »