いま京都から憲法市長 1・21市民大集会

1月21日(木)午後7時から、京都府立体育館(京都市北区大将軍)において、「いま京都から憲法市長 1・21市民大集会」が開催されます。京都市長選挙予定候補 本田久美子さん、日本共産党の山下よしき書記局長・参議院議員などが弁士です。

主催は、憲法いきる市政 みらいネットワークです。

市議団だより12月号(水道料金特集)を発行しました

月刊市議団だより12月号(水道料金特集)を発行しました。市長が提案する14.7%の大幅値上げの内容と党市議団の見解と提案を掲載しています。

月刊市議団だより2015年12月号(水道料金特集)

市議団だより12月号を発行しました。

市議団だより12月号は、党市議の一般質問予定、「まち・ひと・仕事」総合戦略、水道料金の値上げ問題などを掲載しています。

市議団だより2015年12月号

党議員の12月議会での質問予定

 12月議会での、共産党議員の一般質問は次のとおり予定されています。

 本会議の傍聴はどなたでもできます。またユーチューブで実況中継されており、数日後にはユーストリームで録画中継を見ることもできます。

【12月10日(木)】

大河 直幸 議員(2番目)  

(1)子育て支援について

①新生児(乳児)訪問について

②出産後の過程への支援について

③児童虐待の防止について

(2)マイナンバー制度について

①市民の利用について

②自治体での運用について

水谷 修 議員(3番目)

(1)水道ビジョンについて

①ビジョンの進行状況について

②経営改善計画について

③耐震化計画について

④財政について

⑤料金について

 

【12月11日(金)】

山崎 恭一 議員(1番目)

(1)国民健康保険料の引き下げについて

①宇治市国保会計の状況について

②国保制度の広域化について

③国保料を引き下げる決断を求めるについて

(2)小中一貫校・宇治黄檗学園について

①黄檗学園の施設状況について

②小中一貫校について

(3)木幡駅周辺地区のバリアフリー化について

①JR木幡駅のバリアフリー化について

②木幡駅周辺地区のバリアフリー化について

 

【12月14日(月)】

渡辺 俊三 議員(2番目)

(1)高齢者福祉の拡充について

①介護保険新制度の問題点について

②安心して受けられる介護サービスの保障について

③高齢者の外出を支える公的移動手段について

(2)ゆきとどいた学校教育環境の確保について

①小・中学校の多人数学級の解消について

②産休・育休・病休教職員の代替教職員の確保について

③教育費の保護者負担の軽減について

宮本 繁夫 議員(4番目)

(1)(仮称)宇治川太閤堤跡歴史公園整備事業について

①9月定例会で補正予算が削除されたことについて

②仮称)宇治川太閤堤跡歴史公園の計画概要(改訂版)について

③今後の事業のすすめ方について

(2)イオン大久保店の撤退について

 

市議団だより11・12月号を発刊しました

9月定例会の内容を伝える、市議団だより11・12月を発刊しました。市議団だよりは、新聞折り込み、駅頭配布などとともに市内全戸にも配布しております。ご覧になってのご意見やご質問をお寄せください。

市議団だより全文は、河川部をクリックしてください。  市議団だより2015.11・12月号(9月定例会報告)

12月5日、日本と京都の経済再生へ ~語るつどい~

 日本共産党京都府委員会は、日本経済再生について、共産党の提案説明と京都経済界との意見交換を行うつどいを以下の要領で開催します。自由に参加できますが、お問い合わせは、共産党京都府委員会(電話075-211-5371)または党議員までお願いします。

  日時:12月5日(土) 13:30~16:30

  場所:国立京都国際会館1階 ROOM-D 

  説明提案者:大門みきし参議院議員

市議会が太閤堤事業予算を削除―市議団だより11月号を発刊

 市議団だより11月号は、9月定例会に市長が提案した、太閤堤跡歴史公園整備事業(総額約80億円)にかかわる補正予算が、議会によって削除されたことをお知らせしています。

 市議団だより全文は、下線部をクリックしてください。  月刊市議団だより(2015年11月号、太閤堤) 

12月22日、小池晃参院議員をむかえて演説会

「戦争法廃止、憲法にもとづく政治をとりもどす」、そのために、野党が力を合わせよう

「戦争法廃止の国民連合政府」を 小池晃参議院議員がお話します。

12月22日(火)午後7時 文化パルク城陽にて、日本共産党大演説会を開催します。

2015.12.22南部演説会案内ビラ

12月26日、原発なくそう第14回宇治ウォーク

福島第一原発の事故から、もうすぐ5年。政府は、避難している方への避難住宅未消化を打ち切ろうとしています。高濃度放射能地域も「安全」として、原発推進に固執しているからです。鹿児島川内原発の再稼働に続いて、福井高浜原発の再稼働が企まれています。被災者救援、再稼働反対、原発なくせ、とウォークが行われます。

12月26日(土)13時30分 宇治駅前集合  20分間リレートークを行った後、ウォークが出発します。

呼びかけているのは、原発なくそう宇治の会です。

12月19日、戦争するな宇治・城陽・久御山総行動

大久保の陸自第4施設団が参加する南スーダン派遣隊が12月には出発します。戦争法が来年3月に施行されれば、この部隊が戦闘に参加する危険が高まります。戦争法廃止、殺すな・殺されるなの声を上げようと、戦争するな総行動が呼びかけられました。

12月19日午前11時 近鉄大久保駅前  30分間のリレー宣伝の後、イオン大久保店前までデモ行進を行う予定です。(小雨決行)

呼びかけているのは、宇治・久御山戦争をさせない1000人委員会、宇治城陽久御山地区労働組合協議会、九条を守る宇治連絡会、城陽市民主団体連絡協議会、戦争法反対!久御山、戦争法反対城陽連絡会、洛南労働組合連絡会です。