TPP問題で「赤旗」号外発行

 安倍総理は2月の日米首脳会談を受けてTPP交渉参加に踏み出しました。国のあり方のおおもとに係わる大問題に、国民的な議論も行わず、情報提供もせずに突き進むのは許せません。農家だけの問題ではなく、国民全体にとって「百害あって一利なし」のTPPについてダイジェスト解説をした「赤旗」3月・4月号外が発刊されました。

TPP問題(「赤旗」3月・4月号外)

3月31日に、世界遺産の危機を考えるシンポ

 

桜が伐採された塔の島北側

京都・まちづくり市民会議と宇治・世界遺産を守る会が共催で、「世界遺産の危機を考えるシンポ」を開催します。昨年末に宇治川塔の島の桜などが、大量伐採されるという事件が起こりました。4月以降には残りの桜や松も大規模に伐採する計画だといわれています。国土交通省による塔の島改修工事にともなうものです。シンポは、平等院と宇治上神社の2つの世界遺産の危機ともいえる状況に際して計画されたものです。

開催日時 3月31日(日)午後2時から ゆめりあ宇治(JR宇治駅前) 講演 「危機にさらされる世界遺産」(中林浩神戸松蔭女子大学教授)、「奈良における世界遺産を守る運動」(小井修平城宮跡を守る会副代表)

[問い合わせ]090-9615-4441薮田

3月31日に、第2回市民と議会のつどい開催

宇治市議会は、2011年3月に議会基本条例を制定し、その実施の一環として「市民と議会のつどい」を開催しています。つどいは、市民のみなさんに議会活動の内容をお知らせするとともに市民からのご意見・ご提言をいただこうという趣旨です。

第2回市民と議会のつどいが、3月31日(日)午後2時より、宇治市生涯学習センターにて開催されます。今回の内容は、「平成25年度予算の審議概要」と「自転車条例の概要説明」です。参加者は、市政全般について質問やご意見を述べることができます。

[お問い合わせ] 宇治市議会事務局 0774-20-8747

 

「体罰」を考えるシンポジウム

子どもと教育・文化を守る京都府民会議が、「『体罰』を考えるシンポジウム」を開催します。3月16日夜6時から、会場はラボール京都(京都市中京区四条通り御前)大ホールです。シンポジウムは、スポーツや教育の現場から「体罰」をなくしたいとの思いから開催されるもので、スポーツ評論家の玉木正之さんが、スポーツのあり方と「体罰」を語ります。

《お問い合わせ》京都教職員組合(075-752-0011)

3月23日に、国政と日本共産党を語るつどい

3月23日(土)午後7時より、城南勤労者福祉会館において、「国政と日本共産党を語るつどい」を開催します。倉林明子参議院選挙京都選挙区の予定候補が、今の政治について、日本共産党についてお話します。こくた恵二衆議院議員・国対委員長も国会論議の様子などをお話しする予定です。

お気軽にご参加ください。お問い合わせは、日本共産党洛南地区委員会0774-22-5251

宇治市議団だより3月号を発行

 宇治市議会12月定例会での審議内容、共産党の質問や提案、市政の動きなどを掲載した「日本共産党宇治市議員団だより」3月号を発行しました。

 詳細は、「議員団だより」欄をクリックしてください。

1 / 11