市長提案の太閤堤跡整備計画予算を削除

10月15日、9月定例会最終日、市長が提案していた補正予算のうち「太閤堤跡史跡公園整備事業」(債務負担行為、20年間で25億6千万円)を削除する修正案が可決されました。 宇治川太閤堤跡歴史公園整備事業は、宇治川近くでマン …

続きを読む »

アスベスト被害救済を求める請願―自民・公明・民主など理由も言わずに反対

京都建築労働組合宇治支部・杉原信男委員長から、「建築従事者のアスベスト被害者の早期救済・解決を図るよう国に働きかける意見書の提出を求める請願」が提出されました。請願者は、事前に市議会の各会派や無会派議員にも趣旨を説明して …

続きを読む »

党議員の9月議会での質問予定

党議員の9月議会での一般質問予定は以下のとおりです。 【9月25日(金)】 ○水谷 修 議員 (一問一答方式) 5番目 (1)安保法(戦争法)について   ①市長の対応について   ②第4施設団、関西補給処について (2 …

続きを読む »

「安保法制」の撤回・廃案を求める意見書が可決

宇治市議会は、7月3日の本会議で、「安保法制」の撤回・廃止をもとめる意見書を採決、共産、民主、無会派など16人の賛成と、自民・公明の11人の反対、賛成多数で可決採択しました。 意見書(第6号)「 安保法案の撤回・廃案を求 …

続きを読む »

個人情報を危険にさらすマイナンバー制度の実施に反対

 共通番号制度、いわゆるマイナンバー制度が国会で決定されましたが、年金情報流出事件で、改正案の国会審議が止まるなど改めてこの制度の問題点が議論になっています。6月議会には、マイナンバー制度関連の4議案、「個人条例保護条例 …

続きを読む »

「最低賃金の引き上げと中小企業支援強化を求める意見書」を可決

 宇治市議会は、7月3かの本会議で、最低賃金の大幅引き上げとそのための中小企業支援策の抜本的改善をもとめる趣旨の意見書を採決、共産・民主・無会派など賛成16、自民・公明の反対11で、賛成多数可決しました。この意見書は、京 …

続きを読む »

共産党提案の政治倫理条項の改正案が可決

 共産党が提案した、宇治市議会基本条例に議員倫理についての条項を加えようという改正案が本会議で可決されました。  木沢浩子議員が以下の通り賛成討論を行いました。  本条例案は、議会基本条例第3条2項に、『政治倫理基準』と …

続きを読む »

国保料引下げの提案―自民・公明・民主が反対

 宇治市の国民健康保険会計は、2009年度から6年連続で大幅な黒字を続けており、2013年度の実質黒字は10億397万円、2014年度も5億円を超える黒字が見込まれています。黒字分の一部を積み立ててきた財政調整基金は、2 …

続きを読む »

請願には賛成したのに具体化には反対ー自民、公明、民主

昨年9月定例会で、宇治市障害者施設保護者会連絡会代表加治屋勝枝氏から、療育手帳Ąの障害者の医療費は無料になっている、療育手帳Bの医療費も無料化制度の実施を求める請願が提出され、全会一致で採択されました。その審議の中で担当 …

続きを読む »

予算案などに反対-坂本議員が反対討論

3月30日に開催された市議会本会議で、党議員団は宇治市一般予算案、国保特別会計予算案、介護保険特別会計予算案などに反対しました。 坂本優子議員は、反対討論で、「市長は施政方針で『真に必要な事業を見極め、選択と集中により事 …

続きを読む »

4 / 512345