月刊議員団だより10月18日号を発刊しました

月刊議員団だより10月18日号では、市長が提案した「(仮称)太閤堤跡歴史公園整備事業」の予算が、削除されたことをお知らせしています。 月刊議員団だより(2015年10月18日号表) 月刊議員団だより(2015年10月18 …

続きを読む »

市長提案の太閤堤跡整備計画予算を削除

10月15日、9月定例会最終日、市長が提案していた補正予算のうち「太閤堤跡史跡公園整備事業」(債務負担行為、20年間で25億6千万円)を削除する修正案が可決されました。 宇治川太閤堤跡歴史公園整備事業は、宇治川近くでマン …

続きを読む »

個人情報を危険にさらすマイナンバー制度の実施に反対

 共通番号制度、いわゆるマイナンバー制度が国会で決定されましたが、年金情報流出事件で、改正案の国会審議が止まるなど改めてこの制度の問題点が議論になっています。6月議会には、マイナンバー制度関連の4議案、「個人条例保護条例 …

続きを読む »

国保料引下げの提案―自民・公明・民主が反対

 宇治市の国民健康保険会計は、2009年度から6年連続で大幅な黒字を続けており、2013年度の実質黒字は10億397万円、2014年度も5億円を超える黒字が見込まれています。黒字分の一部を積み立ててきた財政調整基金は、2 …

続きを読む »

共産党、政治倫理基準追記など議会基本条例改正案を提案

 党議員団は、3月3日、議員屋議会のあり方を定めた議会基本条例の一部を改正する条例案を提案しました。条例案は、政治倫理の基準を定め、政治倫理審査会を設置するためのものです。  宇治市議会では、既婚なのに未婚と偽って女性と …

続きを読む »

地域包括支援センター職員配置基準の条例に修正案を提案

 介護保険の地域包括支援センターの職員数の基準は、これまでは国が決めていましたが、法改正で市町村ごとに決めることになりました。これまでの国基準どおりでは、人手が足りなくなるので、宇治市では対象者の多い東宇治南、中宇治、北 …

続きを読む »

国保料引き下げの修正案提案―貯めこみをやめて引き下げを

 昨年度の国民健康保険会計は6億4千万円の黒字でした。国保加入者から保険料をとりすぎた、保険料が高すぎたことになります。  市は、黒字分の半分3億2千万円を基金に積み立てるという補正予算の提案をしました。これによって基金 …

続きを読む »

集会所廃止条例の廃止を求める修正動議を提出

 3月8日の市民環境常任委員会で、「集会所条例を廃止する条例の一部を 改正する条例」が審査されました。この改正案は、4月1日に予定していた 集会所の新制度への移行が市の見通しが甘く実施が困難となったため、 施行を延期する …

続きを読む »

2 / 212