4月27日、市政報告懇談会を開催しました

市会議員団は、4月27日午後2時より、宇治生涯学習センターで「市政要求懇談会」を開催しました。

  水谷修団長はあいさつで、安倍内閣の乱暴な経済政策が、物価上昇をもたらしもうすでに破綻していると指摘。京都の経ヶ岬への米軍基地Xバンドレーダー配備計画、高浜原発再稼働申請など、暮らしと安全を脅かす動きもでてきていると警告。一方で、国民的運動の広がりとして、府農業会議のTPP反対決議、原発反対運動の思想信条を超えた共同の取り組み、市民的運動と市議会論戦と結びついた要求の前進などを紹介しました。

 市議会3月定例会については、市長選挙後最初の予算議会で、市民の運動や要望と結びついた議会活動で、市民要求の前進が数多くあったと報告されました。また一方で、山本新市政が暮らしや子育て、まちづくりの課題で市民の期待に応えられない市政であることも明らかになったと、その特徴が語られました。民間集会所助成拡大では、市長が市民への約束を破ろうとすることに、共産党が約束をまもらせようと条例案を提案。社会議員団と共同提案、自民の一部や宇治維新の会の賛成をえて可決されました。市長がやらないとしたことを、議会がやらせるという画期的な出来事でした。また、子どもの医療費無料化の前進、豪雨災害寄付金の被災者への支給などが実現したと説明がなされました。

あいさつにたった前窪義由紀府会議員は、京都府の新年度予算について、防災や道路補修など必要な予算以外に、天ヶ瀬ダム再開発など不要不急の大型事業が含まれていると指摘。地元業者に仕事がまわる地域循環型の景気対策の緊急性を訴えました。

 参加者からは、原発から出る高レベル放射性廃棄物の処理施設の問題、生活保護切り下げの就学援助など他の制度への影響、バス路線廃止による不便さ、保育所待機児の保育の現状、敬老祝い金廃止への不満、小中一貫校の運動場の狭さ、公務員給与削減の理不尽さなど、多岐にわたる要望や意見が出されました。

 水谷団長は、まとめで、今日出された意見や要望は、政治や経済のゆがみを反映している。新しい政治の流れを、住民のみなさんと力を合わせてつくっていきたいと、決意を表明しました。     

倉林明子が、勤労者の収入増加でデフレ不況脱出をと訴え

 4月24日、倉林明子参議院選予定候補が、前窪府議団長・宇治市議団といっしょに宇治市内9箇所で街頭演説を行いました。「アベノミクスで潤っているのは、株を持っている大企業とお金持だけ。庶民には収入も増えないのに物価高が直撃。さらに来年4月から消費税増税が実施されるとたいへんなことになります。」と語り始めて、憲法改悪の動き、TPP交渉参加問題、京都府に米軍基地をつくる動きなど今の政治の問題点を解明。「大企業には賃上げする余力がある。中小企業には政府の援助を増やして、賃上げを支援。こうして勤労者の収入を増やすことが、デフレ不況克服の最大のカギ」と共産党の提案を紹介しました。

 朝は、JR六地蔵駅。倉林明子は現職の京都市議ですが、京都市役所に直行する地下鉄六地蔵駅には、京都市の職員も大勢乗降りしているので知り合いの職員が何人も手を振ってくれました。その後、JR宇治駅(写真)、西大久保、近鉄大久保駅、近鉄小倉駅、京阪三室戸駅、羽戸山、生協東宇治店、京阪木幡と雨の中を街頭から訴えて回りました。熱い宇治茶を差し入れてくれた人、維新の会などの動きに「国防軍は絶対やめさせて」と声をかけてくれた人、「がんばってください」と握手してくれた中学生など、各所でお声をかけていただきました。

「3月市議会定例会について」を発表

 宇治市会議員団は、宇治市議会3月定例会の終了にあたって、コメントを発表しました。3月議会は、山本市長になってからのはじめての予算議会でした。その議会の特徴を7点にまとめてコメントしたものです。

 

2013年3月市議会定例会について
                       2013年4月7日 日本共産党宇治市会議員団
 宇治市議会3月定例会(2月20日開会、3月28日閉会)は市長選挙後最初の予算議会で
した。
 3月末での公立集会所廃止をストップさせ、民間集会所への助成拡充を実現し、ま
た、子どもの医療費(通院)を小学校3年生まで無料にするなど、多くの成果を上げ
ることができました。また、山本新市政が、暮らし、子育て、まちづくりなどの課題
で市民の期待に応えられない市政であることが明らかになった議会でもありました。

1、公立集会所廃止をストップ、民間集会所への助成拡大に
 管理者制度を無くし、小修繕を地元負担とする公立集会所廃止計画をストップさせ
ることができました。市長は失敗の原因について「地域の事情への配慮が欠けてい
た」「プラン策定時の見通しの甘さ」などをあげています。パブリックコメントや説
明会での大半の意見は「集会所管理者制度は存続して欲しい」「廃止しないで」とい
うもので市民理解が得られないことは明白でした。市長は廃止条例の先延ばしを提案
せざるを得ませんでした。
 民間集会所の助成制度条例を議員提案し可決することが出来ました。耐震改修費の
300万円を上限に3分の2の額、また、耐震調査費や水光熱費(上限5万円)を助
成するものです。市が1年以上にわたり市民に説明してきたもので、すでに助成を見
込んで準備をしている町内会などもあったことから、議員提案したものです。この条
例は共産党議員団と社会議員団の共同提案したもので、自民党の一部や宇治維新の会
の皆さんに賛同いただいて可決することが出来ました。

2、子どもの医療費助成、通院も小学校3年まで無料に
 子ども医療費を通院も小学校3年生まで無料にすることが出来ました。実施は9月
からで、新年度予算に計上されました。私たちも繰り返し、拡充するべきと条例提案
してきたものです。市民運動の広がりの中で、先の市長選挙でも争点になり、私たち
が推薦した能塚候補の公約にも掲げられました。選挙の結果は残念でしたが、実現し
ました。

3、豪雨災害対策、市民の寄付金は被災者へ
 8月豪雨では、多くの市民から被災者支援の寄付金が寄せられましたが、昨年末に
は1500万円も使い余し、宇治市はこのお金を町内会に配ると言い出しました。寄付し
た方の思いと違うので、私たちは被災者の支援に使うべきと徹底追及。全会派のみな
さんとご一緒に1月の議会で被災者支援に使うべきという付帯決議をつけ、そして3
月議会では遅ればせながら、市民の寄付金は被災者への見舞金に使う予算が決定され
ました。

4、4年連続黒字なのに国保料引下げないなど、暮らしをささえる新施策なし
 2012年度の決算見込みは、収支差引3億2833万円で4年連続の黒字見込みで、
基金積み増し分を加えると、実質5億4412万円の黒字です。ところが保険料引下
げせず据え置きとなりました。
 厚生労働省は、交付税算入されているもの(職員給与費など事務費、出産育児一時
金、財政安定化事業)については、「法定分」として一般会計から繰入すべきとして
います。しかし、宇治市が予算化した「一般繰入金」は3億1800万円にすぎず、
法定の繰入額を下回っています。また、全国の市町村が保険料を抑えるために一般会
計から「法定外繰入金」を支出していますが、宇治市は明確に予算化していません。
 この8年間で商店が23%も減少するなど地域経済は深刻ですが、商業・工業の新
しい施策はありませんでした。農地が激減しさらに病院移転で農用地が6、1ヘク
タールも減少し、農業生産の減少を回復させると約束してきたのに新規施策はありま
せんでした。

5、子育て施策の遅れは深刻に
 保育所の待機児は274人(3月1日現在)で昨年同時期の293人に比べ、19人しか
減少していません。その1年間に定数が15人しか増えなかったからです。待機児ゼ
ロが目標であるのに対策の遅れは深刻です。
 教室不足解消が遅れ、御蔵山小学校では図工室がなく、三室戸小学校では音楽室が
ありません。学校から施設整備の要望があがっている354項目のうち、対策をしたの
はわずか47項目。市教委が「重要性・緊急性が高い」と評価したにもかかわらず13項
目はいまだに放置されています。たとえば、放送設備改修、学校周囲のフェンス整
備、桜の腐敗、機械警備誤作動、避難用シューター改修、雨漏りなど子どもの安全に
とって重要なものも多く放置されています。雨漏りや老朽トイレの改修は計画化して
きた第2次施設整備計画残り5年間で完了する見込みはたっていません。
 育成学級も施設が足らず、大久保小学校で定員100人に153人。神明小学校で
定員100人に139人が入級せざるを得ない状態が続いています。

6、塔の島の桜など100本伐採、宇治市のシンボル景観台無しに
 塔の島周辺は、宇治市が景観法による景観重点地区に指定しています。特別風致地
区などに指定されており宇治市のシンボル的景観です。景観法によって国が伐採する
場合でも宇治市にあらかじめ通知する義務があります。しかし、この通知もなく伐採
したもので法違反です。宇治市は塔の島を景観条例で景観重要公共施設に指定してい
ます。したがって、たとえ国であっても京都府であっても、宇治市の方針に従わねば
なりません。世界の、そして市民の財産である宇治川の景観を守る宇治市の姿勢が大
切です。

7、バス路線10路線全廃、3路線短縮。耐震基準以下の伊勢田消防分署建替え先送り
 4月1日から10路線を全廃、3路線を短縮され西小倉、名木・伊勢田、槇島地域は新
たにバス空白地域になり、市民の足が奪われました。
 防災拠点であり、耐震基準を満たしていない伊勢田消防分署の建替えについて、
2012年度に詳細設計がされたにもかかわらず、2013年度建設予算が計上されませんで
した。                                              以上

第2回市民と議会のつどい開催

発言する水谷修議員団長

 3月31日(日)午後2時から、宇治市生涯学習センターにおいて、「第2回市民と議会のつどい」が開催されました。つどいは、議会基本条例にもとづいて開催されるもので、市議会議員がそろって、議会での審議内容や各会派の意見などを市民に直接説明し、意見交換を行うものです。近年、議会報告会を行う地方議会が増えていますが、宇治市議会では、「決まったこと」を伝えるだけでなく、議会審議の内容、各会派の意見・見解など踏み込んだ報告を行って、市民との意見交換を行うところが特徴的です。

 共産党の水谷議員は、―市民の多くの反対があったのに強行しようとした公立集会所の廃止が延期になったこと。市が約束していた民間集会所への助成拡充を実施するための条例が、共産・社会の共同で提案され可決されたこと。他の自治体とくらべて遅れていた、子どもの医療費助成制度が小学校3年生までに拡充されたこと。昨年の豪雨災害に際して市民から寄せられた寄付金の使いみちを」めぐって市の方針が揺れていたが、議会の付帯決議可決により被災者への見舞金として使うことになったこと。―などを紹介し、市民の声と議会での論議が市政を動かしていることを報告しました。

参加した市民からは、「子どもの医療費助成の前進を喜んでいるが、今後どのようにすべきだと考えているか」「国民健康保険料が高くて困っているが、どのようにすべきだと思うか」などの質問が、各会派・議員に対して行われ、それぞれの見解が説明されました。

閉会あいさつをする宮本繁夫副議長

 

1 / 11