中学校給食の実現をめざす会が1万人署名を提起

 宇治市の中学校給食の実現をめざす会は、9月25日市役所で記者会見を行い、安全でおいしい中学校給食の実施を求めて、署名活動を始めたと発表しました。「宇治市でも中学校給食の実施を」という市民運動と世論の広がりの中、2017年1月に宇治市教委は中学校給食実施の方針を決定しました。ところがそれから1年半がたっても、中学校給食実施の時期が見えてきません。大阪府高槻市では、給食を実施すると決めてから2年半後には全校で給食が始まっています。市教委は、最近になってようやく検討委員会を発足させましたが1年半を検討に費やすとしています。この調子では中学校給食実施は、早くても2~3年後になってしましいます。宇治市の中学校給食の実現をめざす会は、「やると決めたら早く実施を」「小学校のような安全で温かい給食を」を求めて1万人の署名を集めて宇治市に届けようと呼びかけています。     この項のお問い合わせは、宇治市の中学校給食の実現をめざす会(連絡先:新婦人の会0774-22-5923)までお願いします。

1 / 11