「2月定例市議会について」発表

 2013年2月12日、議員団は、「2012年12月市議会定例会について」を発表しました。        

 宇治市議会12月定例会は、市長選挙があったため、12月27日開会、1月29日閉会という変則的な日程で行われました。また、市長選挙後最初の議会であり、国政での政権交代後最初の議会でした。私たちは、市長選挙や市議補選、また総選挙で訴えてきた公約の実現へ全力をあげました。

 市長選挙では21宇治市民ネットの能塚たえ子さんが勝利できませんでしたが、争点化された公約内容が実現するなど、要求が実りつつあります。子ども医療費の拡充について2013年度当初予算で具体化することになり、集会所管理人制度廃止などを内容とする集会所再生プランは期限を定めず延期することになり、災害復旧で10億円以上の補正予算が決まり、市民からの寄付金は被災者に渡されることに変更されました。

全文は、2012年12月定例市議会について をクリックしてください。

1 / 11